So-net無料ブログ作成
オンライン生活 ブログトップ

配信環境 第一話: USTREAM配信のためのサウンドデバイス [オンライン生活]

USTREAMやニコ生、ツイキャスなどが普及し個人が手軽に身の回りのことを動画配信することができるようになりました。手持ちのiPhoneなどでもすぐに配信ができます。
私もSendLIfeの活動や公開しても良いイベントなどをUSTREAMで配信するようになりました。普段は自宅で配信をしていますが、出先での配信も多くあります。

USTREAMで配信しているとわかるのですが、映像の乱れより音の乱れがあると視聴している人は不快感をかなり感じます。このため出先での配信でも音声部分だけは外部の音源を利用しています。
余談ですがiPhoneなどで配信する場合には、カメラの手ぶれ補正がありませんので意識してゆっくりと動かすことが重要です。クルクルとカメラを動かすとライブ感が伝わって良さそうに感じますが、実際に視聴している人は画面が乱れて意図しないカメラ・ブレを体験しますので酔うような感じになってしまいます。

実際に配信するときには、次の3種類の機材を使い分けています。
あくまでも私の環境なので、それぞれの配信の目的に合わせて選ぶ必要があると思います。

外部配信 コンパクト・サウンド環境 (実売 4000円程度)
Sound Blaster X-Fi Go! Pro Creative USBオーディオインターフェース SB-XFI-GOP

Sound Blaster X-Fi Go! Pro Creative USBオーディオインターフェース SB-XFI-GOP

  • 出版社/メーカー: クリエイティブ・メディア
  • メディア: Personal Computers
  • SoundBlaster X-fi Go1 Pro
  • マイク/ライン入力 x1 (ミニプラグ)
  • ヘッドフォン/スピーカー出力 x1 (ミニプラグ)
  • 標準のサウンドデバイスドライバ・もしくは専用デバイスドライバ
外部配信 標準サウンド環境 (実売 1万程度)
  • Roland UA-1G
  • マイク/デジタル入力 x1 (ミニプラグ)
  • デジタル出力/ヘッドフォンx1 (ミニプラグ)
  • マイク/ギター入力 x1 (フォンプラグ)
  • RCA入力 x1 (ステレオ)
  • RCA出力 x1 (ステレオ)
  • 標準のサウンドデバイスドライバ・もしくは専用デバイスドライバ
据え置き型 スタジオ/自宅配信用機材 (実売 2万程度?)
  • YAMAHA MW10C
  • 10chミキサー
  • USBのデジタル入力/出力あり
  • 標準のサウンドデバイスドライバ・もしくは専用デバイスドライバ

据え置き型は、複数のマイクの入力ができ音源も複数の音源から入力できます。エコライザーやエフェクターなども使えて、音声はUSBで直接コンピュータに入力できます。状況に合わせて最適な音源が選択しやすい環境になっています。ただし、外に持ち出して使用するには配線の手間や運搬などの問題があります。据え置き型の配信に最適な音源です。

標準サウンド環境は、OS標準のUSBオーディオデバイスとして動作するほか高品質用の専用ドライバを使用した音源の入力ができます。マイク入力のほかRCAの入力、ミニプラグによる入力も持っていますので、セミナーや簡単なイベントの音声を配信するには手頃な構成となります。
一度コンピュータに取り込んで、そのオーディオデータを RCAで出力もできますので、音声ラインの間に挟み込んで使用することもできます。ライブやDJイベントで高音質な音源を使用しながら配信と言うこともできます。

コンパクトサウンド環境は、1つのミニプラグ入力と出力がある簡単なものです。ミニプラグには外部接続のマイクなどを接続することで、簡単なトークショーの配信をしっかりした声で届けることができます。

カメラは… 300万画素程度のWebカムを使う場合もありますしminiDVカムをIEEE1394で入力する場合もあります。ただ、USTREAM自身が高解像度での配信ができませんので、miniDVカムはテープに同時記録する場合に利用するのがほとんどです。
簡単な配信の場合には、300万画素程度のWebカムで十分だと思われます。

オーディオデバイスの扱いやビデオデバイスの扱いが良いので、配信にはMac Book Air などの MacOS Xを使用しています。


タグ:MAC ustream


Second Lifeでの新しい活動: リアル世界へのライブ配信 [オンライン生活]

Second Lifeに活動の場所を持ち、アイテムの作成などをしていましたが、今回新しい活動を始めました。

second Lifeの中では、毎日のようにイベントが行われています。そのイベントに参加している人は、日本全国の人たちが参加しています。海外の人が参加している場合もあります。

ただ、やはりSecond Life内でのできごと。Second Lifeで活動するには、それなりのパソコンのスペックや通信環境が必要です。音楽コンサートやお笑いのイベントなど楽しい時間があるのに、環境が許さず参加できない方もいらっしゃいます。
イベントをしている方も、多くの人にみたり聞いたりしてほしい。

そんな悩みを解決するための、ライブ配信を始めています。ライブをみている人もイベントに参加できるように、ツイッターでの発言をSecondLifeに表示する仕組みも導入しました。
Location-Theme.png
詳しくは、以下のURLで紹介しています。

http://www.incmplt.net/seconlife/

タグ:secondlife


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

SecondLifeでのプライベート空間 [オンライン生活]

年末からバタバタとしていたら、あっという間に1月が終わってしまいました。
昨年末から UOの時間よりSecondLife(SL)が長くなっていたのですが、とうとうSL内に土地を購入し、自宅兼事務所の作成が完了しました。
sl-2010-02-10.jpg
オブジェクトを作ったり、画像や動画の試験をするためのスペースとして活用しています。

場所: Ueno/189/233/22

異常な加熱を見せた SecondLifeブームもさり、現在は落ち着いてコミュニケーションが楽しめるようです。たまに 仮想世界だからということか、他人の迷惑を考えない行動をとったりする人もいますが…
幸い、私が知り合った人たちは非常に親切な方々で、色々なことを教えていただいたりイベントにお誘いいただいたりと、楽しいSecondLifeになっています。

SecondLifeを初めてよく思うのは、「現実世界の行動・思考は、仮想世界にもでてくる」ということと「仮想だからこそあえた人たちが多い」ということです。前者は当然として、後者は本当に驚きます。仮想世界の目の前でチャットしている人が、実は日本の遠い場所に住んでいる方だったり、海外の日本人の方だったりと…
今までのオンラインゲームでも、遠くの人とコミュニケーションはとれましたが、戦闘の話題だったりゲーム内の話がメインで、現実世界につながるおもしろさというのは、あまり感じられませんでした。

今、SecondLifeで新しい動画の配信をテストしてみています。
うまくいったら イベント会場に来られない(SIMは人数制限があるので)人にもイベントを伝えたり、SecondLifeのイベントを現実世界(Real Life)にも伝えることができるようになりそうです。

まだまだ、SecondLifeでの活動は続きそうです…



タグ:secondlife


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

UOを離れてSLへ… [オンライン生活]

少し前までウルティマ・オンライン(UO)をしていましたが、最近はご無沙汰になってしまっています。先日リリースされた、ステージアン・アビスにアカウントもアップグレードして、ゲームタイムもかなりの期間分入れてあるのですが…家のメンテナンスと売り子の在庫補充くらいで、それ以外にUOにいる時間が短くなってきました。

secondlife-photo.jpg

代わりに多くなってきたのが SecondLifeです。数年前マスコミにとりあえげられて「流行り物」扱いされましたが、今でもしっかりとコミュニティーが存在し、活発な活動が続いてます。


もともと UOにいたのもコミュニケーションと「生産」がメインで、その活動資金を稼ぐために「戦闘」をしていた訳で、現在の「生産者が報われないUO」は、いる意味が薄くなってきたというのがあります。コミュニケーションは、どうも偏りが激しいので「息抜きにちょっと」というわけにも行かず…


そんな時に、SecondLifeのサーバーを自分で構築できる OpenSIM を見つけ、OpenSIMでのものつくりの面白さから、実際の環境をみたくなり SecondLife に入っていったわけです。入ってみたら大違い。いろいろな人たちがコミュニケーションしており、それぞれの作ったものを交換したり販売したり、オリジナリティのあるカフェやビジネスをしてたりします。本当にリアルライフの延長でセカンドライフがあり、そのセカンドライフがうまくリアルライフとリンクしている感じです。
そんなこんなで、今はSecondLife(SL)の人となっています。


Gazetteer Garnet を、見つけたら声をかけてください。


そろそろセカンドライフ内にも家を持とうかな〜と画策中です。プライベートな空間を持つと落ち着けますね(UOも家を持ってたから、プライベートが保てて辞めていなかったんだと思う)。


仮想空間でも、タバコと缶コーヒーでパソコンもって歩き回っています。見た目は、上の画像の通り…普段の生活そのままな感じですが… ^^;;


タグ:secondlife


UOSA - UltimaOnline新バージョンのオープンベータ開始 [オンライン生活]

時間のあるときにちょこちょこやっていたUltimaOnlineの新バージョン「UltimaOnline STYGIAN ABYSS」がオープンベータとなり、一般ユーザーにも公開されたようです。


http://www.uoherald.com/news/news.php?newsid=863


現在、パッチをダウンロード中ですが6時間経過した今も60%位で、起動するのはまだまだ先の様子。
今回はアイテムの吹き込みやガーゴイル族という新しい種族の追加があり、数年がかりのアップデートです。
3Dクライアントなので、過去に失敗している嫌な思い出がよみがえってきますが、パッチが当たったら遊んでみる予定。


ちなみにこの記事は、オープンベータのことを書きたかったのもありますが、VistaからのblogWrite投稿も確認したかったので、内容がスカスカなのはご容赦くださいませ。


タグ:UO


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ブリ南にプライベートハウス [オンライン生活]

#この記事は、ウルティマ・オンラインの記事です。

6年前にUOをやっていたときには、人が多くて家を持つことは難しい時代でした。ふらふらと昔を懐かしみながら、ブリテインの南を馬で走っていると、「なんか土地の空きがめだつ」。
もしかして家のスペースあるかな~と、Hause Placement Tool(家を建てるためのツール)で場所を確認したら、見事に家が建ってしまいました(当然のごとく、Izmです)。

MyHouse-20080925.JPG

当然、家を建てるためにはお金も必要なのですが、6年間アカウントを停止していた間に、家の証書は廃止になり、そのときの時価(?)くらいの金額でゴールドに変わっていました(このあたりは、システムが自動的に処理したようです)。ログインしなおしてみると、かなりの金額が銀行に振り込まれていました(当然、UOの銀行ね)。

昔アカウントを持っていた方、久しぶりにログインしてみると、色々と面白い体験ができるかもしれませんよ。
ちなみに上のハウスは、プライベートなので、もし遊びに来ていただく場合には、事前にご連絡いただかないといない可能性が高いです。


タグ:UO


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

いつか見た風景は変わってた… [オンライン生活]

仕事は忙しいけど、なんとなくふらっとウルティマ・オンライン(UO)のゲームタイム買ってログインしてみました。
最後にログインしたのは6年前、キャラクタデータが残っているのは確認したので再ログイン。

…2Dのクライアントを使っているので、「少し派手になったかな~」程度で、見た目は大きく変わっていませんでした。
他のMMOだと、どうしてもソロプレイは難しいのですが、UOはその自由度から一人でも楽しめますし、必要であればパーティを組めばよい。ついでにゲーム画面内でチャットできるので、戦闘目的でなくてもゲーム内で色々な活動ができます。

ちょっと色々見て回ろうかな~と思ったのです…
が、オンラインゲームの性、スキルやステータスについてのルールが全然違っていました。

ある程度、育てているキャラなので行動の自由はあるのですが、どこがどうなっているのか分からない。ついでに知らないスキルや仕様が山盛り。

浦島太郎状態です(私のような人は、復帰組と呼ばれているようですが)。

まだまだ、ゲームタイムは残っているので、昔見た風景の異国の時間を楽しんでみる予定です。
もともとのゲーム好きではあるので、色々なMMOをやってきましたが、UOが一番なじんでます。UO独特な牧歌的な雰囲気は他のMMOでは感じることができませんでした。

セカンド・ライフは、ちょっと違うし。

追伸(届かない可能性100%ですが)
Izm の ヘイブン で、Ledy Aishaさん お世話になりました。楽しい時間が過ごせました。

タグ:UO


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム
オンライン生活 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。