So-net無料ブログ作成
検索選択

バランスの良い平面振動板(RP)ヘッドホン T50mk3n [ポッケの中のおもちゃ…]

今回、Fostexから新しく発売になったヘッドホン T50mk3nを買ってみました。

標準価格は2万円ですが、実売2万円しないで購入できます。
価格の割に非常にバランスが良く使い勝手がよいヘッドホンでしたので紹介を…

T50mk3n-000.png

独自開発の平面振動板(RP-Regulur Phase- 振動板)

このT50mk3nの特徴は、多くのヘッドホンが採用しているダイナミック型ではなく、独自開発のRP(Regular Phase: 全面駆動型)方式のヘッドホンということ。
今までの聞き慣れたダイナミック型のヘッドホンとは違った非常にクリアで綺麗な音がなっています。

T50mk3n-002.png

低反発イヤーパッドで長時間でも疲れない

T50mk3nは、イヤーパッド部分に低反発ウレタンを使用しています。
これによって耳への負担が少なくなり長時間のモニターでも疲れやストレスが少なくなりそうです。

2種類のケーブルが付属

ステレオフォーンとミニステレオに対応しているヘッドホンの多くは、ヘッドホン本体からミニステレオのプラグがでており、ミニステレオをステレオフォーンに変換ケーブルを通して、ステレオフォーンにしていることがあります。

T50mk3n-004.png

T50mk3nでは、ヘッドホン用のケーブルとして Φ6.3mm ステレオフォーン(3m)とΦ3.5mm ミニステレオ(1,2m)のケーブルが別々に付属しています。

T50mk3n-003.png

Φ6.3mmのステレオフォーンケーブルは3mあるので、ミキサーやレコーディングなどで動き回る環境でも、余裕をもって使えます。
また、Φ3.5mmミニステレオは、1.2mですのでiPod touchなどに繋ぐ イヤーホンなどで多い長さになっています。この1.2mという長さも使いやすくて良い長さですね。

実際にiPod touchとhp-p1できいてみると、非常にクリアな音でした。ヘンに味付けされていない元の楽曲を素直に再生している感じです。

T50mk3n-001.png

今まで普段使いとしてTH-7Wを使っていましたが、これからはT50mk3nが活躍してくれそうです。

外で音楽を聴くときには iPod touch に hp-p1 と SHURE SE215 SPE(リケーブル)。
自宅でじっくり聞く場合には Fostex HP-A8 と Fostex TH-600。
普段使いは Fostex T50mk3n という組み合わせになりそうです。

FOSTEX ヘッドホン T50RPmk3n

FOSTEX ヘッドホン T50RPmk3n

  • 出版社/メーカー: FOSTEX
  • メディア: エレクトロニクス



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。